談話会の予定

〒657-8501 神戸市灘区六甲台町 1-1
神戸大学理学部数学教室

Updated on Jul 17, 2014

[To Home Page of Dept of Math]
[数学科のホームページへ]


2017.2.15(水) 16:30-17:30 (理学部B棟 4階 B428−30), ポスター

小山 民雄氏 (神戸大学大学院理学研究科数学専攻)

ホロノミック勾配法による多面体領域の正規確率の数値計算

ホロノミック勾配法は、常微分方程式を利用した数値計算の手法で、主に多次元領域の積分に対して応用されています。本講演では、多面体領域の正規確率(多変量正規分布に従う確率ベクトルが有限個の線形不等式系で定義される領域に落ちる確率)の数値計算へのホロノミック勾配法の応用について、基礎となる理論的な結果とともに紹介します。また、多面体領域が単体の場合における数値実験の結果についても合わせて紹介したいと思います。


(過去の談話会)